パッケージに使うグラフィックデザイン

HOME » 外注ポイント » パッケージに使うグラフィックデザイン

パッケージに使うグラフィックデザイン

・パッケージデザインは直接的な売り上げに直結する
企業で商品を開発して売り出す際にはいろいろなことを提案してどうすれば売れるのか協議しますが、その中でも商品の中身の次に大きなポイントになるのがパッケージではないでしょうか?
パッケージのデザインがどれだけうまくできているかによって、商品開発の納得度も異なりますし、宣伝への力の入れ方も変わってきます。

ただしどれだけ社内で良い評価を得たとしてもそれが直接売り上げにつながるわけではありませんし、場合によっては思ったよりも評価されないケースは多々あります。
したがってパッケージをデザインするときにはできるだけ客観的な意見を取り入れる必要がありますから、もしこれからそういった仕事に携わるのであれば、自分が納得できるデザインを考えるのはもちろん、どうすれば顧客側に効果的な宣伝ができるのかを第一に考えたほうがいいかもしれません。
まずはしっかりとリサーチしてターゲットにする顧客層を確立し、動き出すことを意識してください。

・パッケージで何を伝えるのか?
それではパッケージから実際に伝えることとはどんなことかと言うと、まずはその商品についてです。
これは商品の中身やどのような特徴があるのかをヴィジュアルと文字をうまく組み合わせて伝えていきますが、そのためにはグラフィックデザインを使用する必要があります。
グラフィックデザインとはヴィジュアルを通じて顧客側に伝えるツールのことで、今やほとんどの商品で使われていると言ってもいいでしょう。
たとえばお菓子のパッケージを考える場合、そのお菓子の中身の写真やイメージさせる画像やイラストがあったほうが分かりやすいですし、キャッチフレーズをつけることでより伝わりやすくなります。
このあたりのデザインもグラフィックデザインによって行うことができますから、まずはパッケージでどんなことを伝えたいのかはっきりとしておくといいでしょう。

・グラフィックデザインを効果的に使う
現在店頭で販売されている商品のほとんどがグラフィックデザインを用いていると言いましたが、効果的に使うことで大きな売り上げアップが望めます。
そのためにはまず顧客側が何を求めているのか、またどんな見せ方をすれば伝わりやすいのかを意識しなければなりません。
それができていない商品はどれだけ魅力的なデザインをしていても、売り上げは伸びていませんので、伝わりやすさはとても大切です。